宇都宮 悠久の丘 の家族葬専門葬儀社「しおん」


サポートサービス

家族葬とは・・・

CIMG1726
近親者のみで行う葬儀。密葬とほぼ同意語ではありますが、密葬の場合はほぼ遺族のみでお別れをし、火葬というパターンが多く(「直葬」とも呼ばれています)後日改めて本葬式(骨葬・お別れ会)を致します。
家族葬の場合は、訃報を伝えられたごく身近な友人・知人も参列し、通例通り通夜・告別式といったセレモニーでも少人数で行い、火葬場まで共に行きます。儀礼的・社交辞令的な弔問は受けず、後日本葬式も行いません。

家族葬が選ばれる理由

  • 本人が高齢の為、知人・友人が少なく、大規模での葬儀をする必要が無い。
  • 故人の希望や遺言で葬儀はこじんまりとしたい。
  • 声をかければ大規模なお葬式になるが、義理だけの弔問はご遠慮願いたい。
  • 近親者のみで行う為、来客の都度、弔問者などに気を遣うことなく落ち着いて故人との最後の時間を過ごせる。
  • 少人数で行う為、大人数の弔問を想定した大きなセレモニーホールなどで行う必要が無く、自宅でも行える。
  • 葬儀スタイルを自分たちで自由に決められる
    (僧侶を通夜には呼ばず、葬儀だけに呼ぶなど・・・)

いろいろなケースがあります。まずはしおんにご相談ください。

事前相談

悲しみに寄り添う温かな葬儀をお手伝いするために
深い悲しみや喪失感の中で、葬儀の準備を進めることは心身共に大きな負担となります。「しおん」では、葬儀の悲しみや不安を少しでも取り除くためにも、事前相談をお勧めいたします。

事前相談とは・・・ 事前相談(生前相談)とは、もしもの時に慌てることがないように、葬儀についての情報を集めて価格や場所、会葬者などを事前に相談し、ご葬儀のイメージをあらかじめ決めておくことです。
ご葬儀は突然起こる事でもあり、なかなか情報を集める機会がないため、いざというときに慌てたり、不安になったりする方が多くいらっしゃいます。事前相談はそうした不安を解消するのにとても有効です。
事前相談の3つのメリット ①葬儀費用に関する不安が解消される。
葬儀は、人生において非常に大きな儀式の一つであり、その金額も決して安くはありません。しかしながら、普段の生活の中では知る機会が少ないのが葬儀の費用です。事前相談では、ご要望に応じた内容でのお見積りを提示いたしますので、葬儀費用の目安が分かり費用への不安が解消されます。②いざというときに慌てることなく対応できる。
いざ葬儀となれば「会場はどこにするか?」「誰に連絡するか?」「会葬者は何人?」「返礼品は?」「役所の手続きは?」など、短期間で非常に多くのことを決定しなければなりません。深い悲しみや喪失感に襲われている最中に、これらを一つ一つに向き合うことは、心身共に大きな負担となります。事前相談の中で、会場や会葬者のある程度の目安を決めておくことで、万が一の時の心の負担を軽減することができます。

③その人らしい葬儀を実現できる。
故人の好きな花をたくさん使った花祭壇にしたり、音楽の生演奏を行ったり、故人の趣味の作品を展示する想い出コーナーを作るなど、ご葬儀のさまざまな演出が注目されています。事前に要望を確認し、相談をしておくことで、その人らしいご葬儀を実現。会葬者一人ひとりに故人の人生を偲んでいただく、心のこもった葬儀の実現が可能です。

事前相談のポイント ご葬儀の際には、「なんとなく・・・」ではなく、ご家族であれば「どのように送ってあげたいか・・・」ご本人であれば「どのように送られたいか・・・」といった意思を持つことが大切です。
相談内容 ①全体の葬儀費用(事前の見積依頼)
②式場の場所・形態(家族葬・一般葬・その他・どんな葬儀を希望するか)
③宗旨の有無
④お帰りの場所(安置する場所)
⑤遺族(親戚)の人数
⑥ご弔問予定の人数(知人や会社関係など)

私たち「しおん」は、送る方々の想いを形にするために、精一杯、まごころを込めてご奉仕させていただきます。

病後の意志表示

病後の意志表示が何故必要か?

突然の病気や事故に遭ってしまいこん睡状態に陥ってしまによって意思表示が出来なくなってしまうという可能性は少なくありません。

たとえ回復の見込みは限りなく低く、こん睡状態が長期化し、入院や治療にかかる費用で、ご家族の家計を圧迫する場合でも家族は「治療をやめてください」と言う事はできません。

昏睡状態の本人も家族が経済的にも精神的にも苦しむ事を望んでいないはずと確信できる状態でも、「治療をやめてください」と言うのは「殺してください」と言っているように感じてしまいます。

本人が生前に「無意味な延命措置は望まない」と意思表示していたとすれば事情は異なります。

意思表示カードのように第三者から見てもはっきりしているのであれば、医学的に見て回復の見込みがない場合、延命措置をしないという決定も可能になります。

家族としても、本人の望みなので負い目を感じる事はありません。 生前に意思表示を作成しておく事は大切な事です。

マネーや相続・遺言のこと

ご自分の財産を誰にどのように分け与えるか を考えて、遺言書を作成する事が重要です。
遺言書が残されていない場合は法定相続人の間で遺産分割されることになり、それ以外の方には遺産が配分されないことになります。
特に財産を残してあげたい方、財産を多く配分したい方がいる場合は、遺言でその旨を指定されることが大切です。遺言で相続人や財産分割の指定をすると、目的にあった遺産相続が可能になります。

  • 遺言書の書き方がわからない
  • 財産分与の仕方がわからない

と、遺言に関することで疑問が出た時は、しおんにご相談ください。

しおんでは、NPO法人エンディングサポートセンター「コスモス」と共に「遺言」・「相続」・「葬送」など、終活活動のサポートを行っております。

無料相談しおん事務所にて、行政書士による、相続、遺言の無料相談会をご予約にて受け付けております。

お気軽にお問合せください。

 

 

 

お墓のこと

お墓は大きく3種類に分けられます。

境内墓地 菩提寺の敷地にある墓地です。他のご寺院様に戒名を付けてもらった場合、納骨が出来ない場合があります。葬儀時のお布施の金額だけで、葬儀社手配の僧侶を頼む場合は、戒名を付けずに「俗名」で頼むことをお勧め致します。
民間墓地 宗教・宗派は問いませんが、石材店が指定になります。
公営墓地 宗教・宗派ほもちろん、石材店・デザインなども、ご自分で決めることができます。

しおんでは、公営墓地の申請手続き代行を行っております。ぜひご相談ください。

少子高齢化に伴い、墓地の後継者がいないという方が増えております。その中で共同墓地散骨が注目されております。そちらもしおんに相談ください。